離乳力の頃に与える|清潔を保ちやすいベビー布団の選び方|肌が敏感の赤ちゃんの為に

清潔を保ちやすいベビー布団の選び方|肌が敏感の赤ちゃんの為に

離乳力の頃に与える

ウォーター

沸かしたものを飲ませる

生まれてから数か月は赤ちゃんは母乳やミルクを飲んでいますから栄養や水分も十分に足りていますが、離乳食になる頃には水分を補給するようにします。味の付いているジュースやお茶類などはなるべく与えないようにして、水を少量ずつあげるようにします。水道からそのまま使ったりせずに、一度沸かした白湯を人肌にしてからあげて下さい。ミネラルウォーターはミネラルを多く含む硬水ではお腹を壊すこともありますから軟水を選んで下さい。赤ちゃん用の水なども売っていますからそれを選ぶのも良いでしょう。母乳やミルクばかり飲んでいた赤ちゃんは慣れない水を飲まない事もありますが、その内に飲み始めますから少しずつ根気よく飲ませて下さい

量や煮沸などに注意する

赤ちゃんはまだ体が未発達で胃腸が弱いですから、ちょっとした変化でも調子を崩すことがあります。お腹を壊して下痢をするようなことがあれば、飲み物に原因があるかもしれませんから飲ませ方や量や煮沸を十分にするなど注意して下さい。水を飲ませる時には最初は哺乳瓶やコップにストローをさしてあげると良いでしょう。慣れてくるとコップから直に飲むことも出来るようになりますから、ある程度の量を摂るという点でも安心です。現在はお湯の出るウォーターサーバーがあるので便利ですから利用するのも良いでしょう。離乳食になる前に水を飲ませすぎるとお腹が膨れて母乳を飲まなくなることもありますから、飲ませるタイミングや量に気を付けましょう。